沖縄・今帰仁城址 / Castillo de Nakijin, OKINAWA

2003年2月17日 / 17, Febrero, 2003

場所:沖縄県本部半島今帰仁村

時代:紀元13世紀〜17世紀初

性格:城塞遺跡

城主:琉球国北山国の王
    「ハニジ」「ミン」「ハンアンチ」

材質:石灰岩    

沖縄本島北部、本部半島の小高い丘の上にある城塞遺跡
北方向に海を望み、古くからの港・運天港にも近い


ちゃんとした歴史的な読み方は「なきじんぐすく」
今帰仁と書いて「なきじん」と読む。(でも近世の読みは”なちじん”)
しかし、この地はその更に前は「いまきじり」だった
大和からやってきた後発の開拓者(今来)がやって来て支配した所
(今来の(人の)治り。”治る・しる:支配する”)
”いまきじり”が訛りに訛って”なきじん”へ変化した


世界遺産登録

この城は沖縄史では三山時代から薩摩藩の琉球侵攻まで
使用されていた
琉球侵攻後は放棄され、地元の聖地とされていた
遥かな昔からここは琉球の北からの進入口やったんやね


城址は公園になっている。海も見えて眺めがよろしい
遺跡云々よりも桜の名所として有名らしい
沖縄本島へ戻る/I.Principal de OKINAWA
沖縄県へ戻る / P. de OKINAWA
遺跡目次へ戻る / Ruinas

今帰仁城址 その1 / Castillo de Nakijin (Nakiyin), Primera
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO