奈良・東大寺
Templo de Budista, Toudai-ji

その2へ戻る / Regresar

その3 / Tercera

2006年2月27日 / 27 de Febrero, 2006

来た来た〜!
東大寺大仏殿〜!

東大寺大仏殿にはむか〜し子供のころ、
遠足とかで来たけど、
その時は気付かなかったことがたくさん

大仏殿にこんな回廊が付随してたんや
それと、こんな中庭みたいになってたんや
そんな記憶なかったわ

大仏殿・正面

江戸時代なら、
見上げるような立派な建築と映ったやろけど、
現代人には、なんか、
木造体育館みたい
自分が現代人やから、
こういう大きな建物に慣れてる、ってだけやなしに、
同じ大型木造建築にしても、
なんかこう、西本願寺や東本願寺みたいな、
敷地に入っただけで尊崇するよな雰囲気に
乏しいよな気がするんよね
なんでかな

大仏殿を取り囲む回廊。と、芝生の中庭

回廊と大仏殿の連結部

見ているうちに、
なんで東大寺に違和感を抱くのんかの理由がわかった

この回廊の風景は、まるで韓国なんや
いわば、大陸〜朝鮮半島の様式を直輸入した建物なんやね、
この東大寺は

ていうか、
まだ行ったことないけど法隆寺や薬師寺もこういう回廊形式
この回廊の形式自体が、大陸の薫りがする



そやから、
京都の諸寺院のように「くつろげ」ないんやわ
京都の寺なら、「お寺てええわぁ〜。心和む〜」とか言うてるのに



東大寺に感じる心象を一言で表現するならばコレになる
すなわち
「エキゾチック」



東大寺は日本的じゃない
これが結論

だいたいが「奈良時代」の「ナラ」自体、
韓国・朝鮮語の「国」のイミやしね
今風にいいかえたなら、
「〜ランド」ってネーミングと同じ

奈良時代とは、すなわち
近畿に半島移民と半島・大陸の文化が満ち満ちてた時代なんやなぁ





ただ、
こういう風に回廊で囲む、という形式自体は
南方上座部仏教(テラワーダ仏教)の寺院にも見られるもの
タイのクメール遺跡なんかはこの形式ばかり

石材と木材という材質の差こそあれ
韓半島を飛び越えたアジア大陸との強い結びつきを感じる
それでは大仏殿中に入りましょ
その4 / Cuarta
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送