場所:オアハカ州オアハカ市近郊

時代:紀元前8世紀〜紀元後15世紀
    最盛期は紀元6〜8世紀

性格:宗教都市遺跡

民族:サポテカ、ミシュテカ

材質:石材

アクセス:州都オアハカ市内よりツアーおよび
    バスが出ている
    所要約20分

オアハカ市近郊の山の上にあるモンテ・アルバン遺跡は
メソアメリカ最古級の遺跡のひとつ

名前の由来は、スペイン人がこの地を征服してやって来た時、
遺跡のある山の上は白い花の咲く木々で覆わていたため
「モンテ・アルビノ(白い山)」と呼ばれていたのが訛ったもの
本来の名前は判っていない

遺跡は先住民(サポテカ人)により紀元前6世紀頃から造営が始められ、
最盛期紀元後6〜8世紀中ごろには
人口2万人以上が住んでいたと推定されている
9世紀ごろより段階的に放棄されていき、
11世紀には放棄されたらしい
その後、この地にやってきたミシュテカ人により
墓地として利用されるようになる

2000年・1月 / 2000,Enero

モンテ・アルバン遺跡探訪へ/Monte Alban・Primera

モンテ・アルバン遺跡 / Ruinas de Monte Alban


遺跡・目次へ/Ruinas
オアハカ地図へ/Mapa del valle de OAXACA

メキシコ目次へ戻る/MEXICO
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO