首都メキシコシティー, テンプロ・マジョール遺跡
Ruinas de Templo Mayor, MEXICO D.F.

2002年11月 / Noviembre, 2002

メキシコ目次へ戻る/MEXICO

場所:メキシコシティー旧市街ソカロの北東側

時代:紀元後14世紀〜16世紀

性格:宗教遺跡

民族:アステカ

材質:石材

テンプロ・マジョールは
アステカ王国の首都が現在のメキシコシティーの位置にあり
テノチティトランと呼ばれていた頃の、中央神殿跡
いわば総本山

1521年のアステカ王国征服により破壊され、
その後のスペイン風都市の下に埋もれていた

本格的な発掘は比較的最近、1978年になってから
発掘は1984年には終了

遺跡散歩へ戻る / Al Indice de Ruinas
テンプロ・マジョール遺跡 / Templo Mayor

簡単な説明


SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO