8世紀には既に存在し、長きにわたりラオスの首都として君臨し続けた街、
ルアンパバーン(ルアンプラバン)
山間のこの古都は行ってみたら驚くほどに小さかった
でもたたずまいはなかなかイイです
本当に本当に田舎の小さな古都って感じ

いや〜、ミャンマーのインレー湖周辺も田舎だったが
それを上回る田舎でしたね



1995年ユネスコ世界遺産登録

ルアンパバーンの街中
土の道です

ルアンパバーンはメコン河に面した街
メコン河の船着場
いかにも田舎
またここら辺のメコンは大河という感じが全然しないの

それでは寺院の写真へ参りましょう。これら無くしてルアンパバーンは語れない

1560年建立、ラオス随一美しいという寺院
ワット・シェントーン

スッキリとした優雅な感じのデザイン
意外にこじんまりとしてました

けれども覗いてみるとやっぱり
かなりキアイの入った建物でした

ワット・シェントーン寺院入り口
土足厳禁

見ての通り相当気合の入った装飾です

ラオス随一の名に恥じません

ラオス目次へ戻る / LAOS
ルアンパバーンその2へ / Segunda

2000年11月 / Noviembre, 2000


ラオス・古都ルアンパバーン (ルアンプラバン)
Ciudad Antigua de "Luang Phabang" (Luang Prabang)


その1 / Primera

そしてこれがワット・シェントーンのご本尊さま

ワット・シェントーンの壁→
おわかりいただけるでしょうか

細かい光るモザイクを使って壁画が描かれている
どうやら仏教物語らしい

写真はちっとわかりにくいけれども実物はすんごくキレイ

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO