旅行写真のページへ戻る / Viajes

GUATEMALA / グァテマラ


中央アメリカ地図へ/Mapa de America Central
@
A
B
C
D
E
G
H
I
J
F
L

中米の国グァテマラ。この国を知っている日本人は少ないと思う。日本人にとっては非常にマイナーな国であろう

メキシコの南に位置し、中央アメリカの国の中で先住民人口が非常に高い
メキシコの先住民比率が10%以下になってしまった今では、中央アメリカ唯一の先住民の国とも言えるかも知れない
もっとも、政治の実権を握っているのはラディーノであって先住民ではないが



面積は北海道に四国を合わせたほど。しかし国土の北半分はほぼジャングル
人口の大半は南半分を占める標高1500m〜2500mほどの高原地帯に住んでいる
首都もこの高原地帯にある

首都は同名の100万都市グァテマラ・シティー標高1499m

人口は約1300万人(2006年6月)、うち先住民は約50%近い

宗教はカトリック。公用語はスペイン語。しかしまだたくさんの先住民族語が残っている

グァテマラは多民族国家である。細かい分け方だと思うが、25か26ほど民族がいる
ほとんどがマヤ系先住民。カリブ海沿岸地域にはアフリカ系のガリフナ人が住んでいる。
緯度は日本周辺でいえばフィリピンくらいにあたる。しかし高原の国なので日差しはきついが暑くはない

観光名所はコロニアル都市アンティグァと、マヤの古代都市”ティカル”が有名
他に、風光明媚なアティトラン湖や先住民の市で有名なチチカステナンゴなど

食事はトウモロコシを粉にして焼いたインドのナンのようなパンであるトルティージャ
しかし、メキシコあたりを旅した人にとってはグァテのトルティージャは分厚く思われると思う
メキシコのトルティージャは今では器具を使って作るが、グァテでは昔ながらに手でパンパン叩いて伸ばしていく
他、日本人にとっての味噌汁にあたるグァテの食事は、豆を煮詰めた”フリホーレス”である
(メキシコにもあるけどね)



M

番外:アンティグァのお祭り セマナ・サンタ、1998 / La Semana Santa en Antigua

アンティグァ/Antigua, GUATEMALA
アティトラン湖湖畔パナハッチェル/Panajachel
チチカステナンゴ/Chichicastenango
エスキプーラス/Esquipulas
首都グァテマラシティー/La Ciudad de Guatemala
チマルテナンゴ県・イシムチェ遺跡/Ruinas de Iximche
モモステナンゴ/Momostenango
モンテリコ/Monterrico
ソロラ/Solola
トドス・サントス・クチュマタン/Todos Santos Cuchumatan
ケツァルテナンゴ(シェラ)/Quetzaltenango(Xela)
K サンフェリペ砦/El Castillo de San Felipe
ホンデュラス・コパン遺跡/Ruinas de Copan, HONDURAS
M キリグア遺跡 / Ruinas de Quirigua
番外
グァテマラの妖怪・帽子男 / Sombreron, Espanto de Antigua, Guatemala


この国も周囲の中米の国同様、かつては激しい内戦国
いや、中米で一番激烈な内戦国
特に、貧富の差のほかに、民族的な差別・対立もあって多くの犠牲者を出した
内戦中反政府ゲリラとの関与を疑われ、政府軍により丸ごと消滅させられた先住民の村は数知れず

てか、例えば、
1982年7月の政府軍の”ライフル銃と豆作戦”(Fusiles y frijoles)など、
7/1〜7/28約一ヶ月だけで662の先住民の村を壊滅させたという
殺した先住民はこの一ヶ月だけで数万人100万人が家を失い、15万人が隣国メキシコへ難民化
「魚が泳ぐ海を水ごと無くす」と宣言した軍事行動なんで、
要するにゲリラの根拠地になりうる先住民村落を根こそぎ消し去ることが狙いだった

他、81年1月には、現在は観光地のサンティアゴ・アティトランの虐殺とか、
81年の9月にもバハ・ベラパス県で軍事攻勢、キチェ県で焦土作戦、2週間で1000人殺害、とか
この頃は軍部が毎月のように住民大虐殺をやっていて
しかも数すらわからない
トータルでは殺害された犠牲者は軽く20数万人におよぶという
大半が先住民
ニカラグア内戦と、エルサルバドル内戦の犠牲者を足した数よりまだ多い


2005年1月〜3月ごろの混乱中のイラクでは、
「毎日ダース単位でイラク人が誘拐・失踪させられてる」
といわれてたらしいが(武装勢力による誘拐や殺害、米軍による弾圧とアグブレイブ送り)
この頃のグァテマラはそんなダース単位などではなかった
内戦初期に遡るが、1979年、1〜2月で、
労働争議や政治運動に関わった人たちを中心に1日平均546人が殺されたという
ダース単位じゃなくてグロス単位(1ダース×1ダース:144)
(2ヶ月で3万2760人の計算。一ヶ月平均の間違いじゃ?と思ったがどうにもこれが1日平均みたいでして)

そのため労働運動や政治運動とそれを指導できる人材は壊滅、これにより
「めぼしい政治指導者はほぼ根絶させられた」らしい
いよいよ軍部の天国

さらには
スペイン大使館に立て篭もったデモ隊に対し、大使館に放火、大使館員ごと全員焼き殺すなどという(80年1月)
とんでもないことをやっている
このグァテマラ内戦は、どの中米内戦よりも激しかった
ある意味カンボジア内戦に匹敵するほどに


内戦が終結へ向かったのはようやく90年代
93年1月、ようやく隣国メキシコ・チアパス州へ難民化していた先住民達が帰還開始
最終的な和平合意は96年12月
内戦の年数は36年間
どこよりも長かった

内戦当時の膨大な犠牲者の大半はまだまだグァテの山野に埋もれてる
その発掘と過去の清算は、ここ数年始まったばかり




追記

2005年度の犯罪統計を基に、
人口10万人あたりの殺人事件被害者数による
ラテンアメリカ諸国の危険度ランキングというものが、あるようです
ラテンアメリカは世間的には
コロンビアやブラジルが危ないといわれておるようですが

さてこの統計では
グァテマラは悪い方から5位です
人口10万人あたりの殺人被害者数・44人

ちなみにワーストはホンジュラスの77人
コロンビアは2位で55人

グァテマラ行く方は気をつけられますよう
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO